シャネルの歴史と生い立ち

シャネルは人気の高いブランドです。

服飾、化粧品、香水、時計など幅広い分野で展開しているファッションブランドで女性に憧れのブランドです。

シャネルはフランスの貧しい家庭に生まれました。

母とは幼い時に死別し姉と2人施設に預けられました。

孤独で貧しい幼少期を過ごしたシャネルは自分の置かれた状況から必死に逃れるためファッションへの道を切り開きブランドを立ち上げました。

姉は気さくでのびのびした性格の女性でしたがシャネルは姉とは対照的な性格でした。

シャネルの作る服は当時の服装と異なり飾りもなくシンプルで動きやすい服でした。

当時のドレスは体全体を覆いウエストはコルセットできつく締められており、帽子も大きな羽で飾られ動かすこともできませんでした。

ウエストは細いほど上品であるという時代でした。

シャネルの服は女性をコルセットから解放してジャージー素材の服の登場で自由に動けるようにしました。

色についても黒色を服の色に使い革命を起こしました。

当時は黒は喪服の色にしか使われていなかったからです。

時代の流れに沿う自立して働く女性に合うファッションを目指し展開されてきました。

黒と白のシンプルな化粧品、香水は人気があります。

モードの走り、シャネルスタイル

シャネルとは、ココ・シャネルがフランス・パリにおいて興したファッションブランドです。

表面的な見た目を重視して提案という形ではなく、女性に独立した新しい自分の生き方としての表れをファッションで表現していこうというこのブランドポリシーは、さまざまな歴史を経た今でも引き継がれているシャネルの大きな特徴です。

現代では世界的にも有数のラグジュアリーブランドの一つであるシャネルは、1910年当時、小さな帽子屋「シャネル・モード」として始まりました。

歌手への夢をもしココ・シャネルが諦めなかったら、このブランドは存在していなかったことでしょう。

その当時のデコラティブに着飾った女性達に逆に感化され、女性達にシンプルな美しさを提案していきたいとの野望から、ファッション界においてどんどんと革命を起こしていきます。

途中、ココの個人的であり政治的な理由や戦争により、このブランドにも紆余曲折がありました。

中でも特に有名なのは、1921年に発売された香水No.5。

縁担ぎのために5月5日に発売日が決定され、のちにココ・シャネルが亡くなる前年1970年には香水No.19が発表されました。

直後よりカール・ラガーフェルドがデザインディレクターに就任し、その独自のスタイルを守りつつ吟味した新しい風を積極的に取り入れ、ブランドとしての再興を果たし現在に至ります。

シャネル買取りのブランドファンもおすすめなので見て見る価値有りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です