腕時計のマニュファクチュールへの憧れ

腕時計を少し深く知っていくと 必ずといっていいほど、時計好きを時計愛好家へと進化させてしまう要素が マニュファクチュールとよばれる人を惹き付ける言葉です。

マニュファクチュールというのは その時計メーカー、時計ブランドが 腕時計や懐中時計などを製造する際、デザインから設計に至までは当然、その時計を製造する際に使用する すべてのパーツを自社で製作、製造、設計、組み立てていることをマニュファクチュールといいます。

時計に使用する歯車からケースまで すべての製造を自社で一環しておこなっています。

そんな 自社一環という責任感のある魅力的な姿勢に、時計ファンならずとも惹かれるのは ご理解いただけるかと思います。

マニュファクチュールの時計を所有するのは 時計好き、時計愛好家の憧れです。

すべての行程が そのメーカー、ブランドでおこなわれているという 徹底したこだわりは 高い志と強い責任感を感じるとともに、確かな技術力と そこにキラメク芸術性が人々を惹き付けます。

マニュファクチュールではない時計メーカーは それぞれの行程を分散さえ、他の業者に委託、仕入れるという流れに対して マニュファクチュールは、そのメーカーやブランドの個性が色濃くでます。

強烈なまでの個性を発揮するマニュファクチュールの腕時計は、時計愛好家を魅了します。

この一環した製造というのは 決して簡単なことではないので、マニュファクチュールはけっして多いとはいえません。

近年、様々なブランドやメーカーが技術力を上げてきて マニュファクチュールへと挑戦している傾向が目立ちます。

コチラ(http://www.watch-fun.info/)は時計買取専門店として有名なので見てみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です