エルメスのカレ

エルメスではヴィトンなどと同様にバッグであるバーキンケリーが有名ですが、スカーフを思い浮かべる人も少なくないと思います。

また、エルメスではスカーフと呼ばず、フランス語で正方形を意味する「カレ」の名称で知られています。
エルメスが初めてスカーフを発表したのは1937年(日本では昭和12年)でした。その名も「オムニバスゲームと白い貴婦人」です。全てのカレはここから始まりました。
1950年代になるとシルクスクリーン製法で作られたスカーフを数多く発表。その鮮やかで精密な色合いをもつカレは、世界中で賞賛を浴びたのです。
エルメスのスカーフの特徴は、なんと言っても色使いです。1枚のスカーフに対し、多い時は40色以上のカラーを使用しているそうです!
制作方法は、その1色ずつ丁寧に重ねて刷っていきます。重ねることで多彩な色を生み出すことも可能なため、エルメスのスカーフで表現されるカラーの種類は6万色を超えるそうです。流石ですよね。
そして、なんと言ってもエルメスの「カレ」は、どんな形で結んだとしても、表側が出るように計算されています。
なぜそんな器用なことが出来てしまうのか…?それは、熟練の職人さんが1毎に30分もの時間をかけて、四方を塗っているからです。そのフチの縫い方は、熟練の職人さんしかできないと言われています。
また、エルメスにはスカーフリングも豊富なデザインがあります。金属だったり皮革の組み合わせのタイプもあり、スカーフとお揃いで楽しむのもいいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です